読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

鳩山邦夫・元総務相が死去 

記事リンク

鳩山邦夫・元総務相が死去 67歳、自民党衆院議員:朝日新聞デジタル

記事要約

 自民党衆院議員で総務省などを務めた鳩山邦夫氏が21日、都内の病院で死去した。67歳だった。鳩山氏は衆院議員に旧東京8区から28歳で初当選し、当選13回。自民党で宮沢内閣の文相として初入閣したが、1993年に離党した。羽田内閣で労相を務め、新民党を経て由紀夫氏が結成した民主党で副代表となった。鳩山由紀夫元首相は兄に当たる。邦夫氏の事務所によると、葬儀は家族で行うようだ。

疑問

いつ頃から病気を患っていたのか。

なぜ離党してしまったのか。

考え・主張

かつて日本を引っ張っていく立場にあった人がなくなっていってしまうことは大変残念なことである。兄の由紀夫氏は総理大臣を務めるなど、家族そろって日本をよくしようと政治家になるということはすごいことだと思う。これからもこのようなニュースが出てくるのだろうが、これからの日本を担っていく世代の人たちがもっと積極的に活動していってほしいとも思う。

その他

特になし。