読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「笑点」6代目司会に春風亭昇太さん 桂歌丸さんの後任

記事リンク

「笑点」6代目司会に春風亭昇太さん 桂歌丸さんの後任:朝日新聞デジタル

記事要約

放送50周年を迎えた日本テレビ系の長寿演芸番組「笑点」の新司会に、落語家の春風亭翔太さん(56)が決まった。桂歌丸さん(79)が司会を勇退した22日生放送の「歌丸ラスト大喜利スペシャル」で後継指名した。大喜利の直後、歌丸さんの口から新司会が発表されると、出演中の昇太さんは「えーっ!と思いました。プレッシャーはありますけれど、一生懸命やりたい」。歌丸さんは「今までのことはすっかり忘れて、昇太さんなりの司会をやってほしい」とエールを送った。昇太さんが「一番の新参者なんですよ。大喜利史上初めて回答者の方が上から目線なんです。今までになかった大喜利の形になるんじゃないかな」と困り顔で言うと、歌丸さんは「舞台では全員が同格です」と返した。プロデューサーの中村博行さんは「(昇太さんは)若手大喜利の司会もやっていた。歌丸師匠と同じように強いチームになるなと思いました」と起用の理由を話した。

疑問

翔太さんはいつまで司会を続けるのか。

誰が新しいメンバーとして加入するのか。

考え・主張

笑点は、長寿番組なので視界が何度も入れ替わっている。自分も小さいころから見ている番組なので歌丸師匠が引退するというのは時代の流れを感じ少し悲しい気分になる。笑点の司会者は年配の方がやるイメージなので、翔太さんのような大喜利をする人よりも若い司会者となった今後どのような笑点になっていくのかとても楽しみである。

その他

特になし。