読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

福島汚染水 海洋放出が最も短期間で低コスト

記事リンク

福島・汚染水:海洋放出が最も短期間で低コスト - 毎日新聞

記事要約

東京電力福島第1原発事故の放射性汚染水問題について、浄化処理で取り除けない放射性トリチウムの処分方法を検討している経済産業省が、海へ流すことが最も短期間で低コストで処分できるとの試算結果をまとめたことが分かった。試算結果はトリチウム濃度によって変動するが、海洋放出は最長7〜8年で処理することができ、最大でも35億〜45億円程度のコストで、五つの中でも最も低かった。一方、地下埋設は最長76年の管理が必要で、コストも高かった。

疑問

海への影響はないのか?

いつ問題は解決するのか?

考え・主張

福島原発の問題は震災当初から今までずっと言われつづけているが、いまだに解決する未来が想像できない。海へ流すことで短期間で処理できるのかもしれないが、行うと海へのダメージが問題視されたり、結局ほかの問題が浮上してきてしまう。泥沼にならないようにいい解決法が出されることを願う。

その他

特になし。