読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

温室ガス 革新技術で排出量減

記事リンク

温室ガス:革新技術で排出量減 政府がエネ戦略 - 毎日新聞

記事要約

 政府は、温室効果ガス排出を大幅に減らす革新技術の開発を促進する「エネルギー・環境イノベーション戦略」を決定した。2050年までに世界全体で年間数十〜100億トン超の二酸化炭素排出削減を目指す。内閣府有識者会議で検討し、既存技術の延長ではなく、大きな排出削減が期待できる技術を選んだ。30〜50年の普及が目標。主な革新技術は、自動車の重量を半減する軽量素材や、充電一回で電気自動車が700キロ以上走れる蓄電池、発電効率が二倍以上の太陽光電池などがある。

疑問

どれだけ削減できるのか?

本当に目標期限までに使えるようになるのか?

考え・主張

今、二酸化炭素などの温室効果ガスによる地球温暖化は深刻な問題になってきている。先進国である日本が温室ガスの排出量をできるだけ削減していくのは当たり前のことだが、今後地球温暖化を抑えるためには発展途上国がどれだけ産業を発展させつつ温室ガスを削減できるかも重要になってくると思う。

その他

特になし。